トップページ

私たちが健康的に生活を送るためには、薬局などで買える薬から、病院などで処方される薬まで、さまざまなお薬の存在が必要不可欠です。
このサイト「いざという時の為の医薬品の情報サイト」では、お薬に関する役立つ情報から、口コミによる服用体験談など、幅広い情報をお届けしています。

おくすり手帳は大事な手帳

お医者さんに行って、処方箋をもらうではありませんか。
処方箋薬局へ行ったときに、おくすり手帳を作ってもらったことがあるでしょう。
毎回、お薬を処方してもらう時に提出して、どんなお薬を出してもらったのかを記録してもらいます。
ちょっと面倒に感じてしまうかもしれませんが、これがとても大事な行為にもなるのです。

若い人であれば、1度に1か所の医療機関しか受診しないということが多いでしょうから、あまりおくすり手帳の重要性を認識する機会が多くないかもしれません。
何が重要なのかというと、どこの医療機関で、どういうお薬を処方してもらったのかが書いてあることです。
内科を受診した人が、別の内科へ行って、同じお薬を2重に処方してもらうということもあるかもしれません。
お薬は、用量、用法を守って飲んでこそ効果的です。
しかし、通常よりもたくさんお薬が手元にあることで、たくさん服用してしまい、重大な副作用を起こしてしまうことも考えられます。

ピックアップ

  • 初めての方でも安心に購入できる、人気のED治療薬であるシアリスのお得な通販ページです

医療機関の変更の際にも

また、ほかの医療機関を受診したけれど、あまり体調が回復できなかった、むしろ悪化してしまうということもあるでしょう。
体調が回復しない場合は、同じ医療機関ではなく、別の医療機関に変えてしまう人は多いのです。
そうすると、以前、どんなお薬を飲んでいたのかがわからないので、同じ薬を処方されることもあるかもしれません。
自分の病気にあっているお薬を出してもらうためにも、おくすり手帳はとても重要な役割をしています。

ほかの科を受診することもあるでしょう。
お薬には飲み合わせの悪いものもあります。
しかも、お薬の名前は難しいものが多いので、覚えるのが大変だとは思いませんか。
暗記するのもいいのですが、おくすり手帳があれば問題ありません。
ほかの科でどんなお薬を処方されているのかを説明するときにおくすり手帳を使いましょう。
そうすると、飲み合わせの悪い薬を処方されることがなくなります。
薬局で処方箋と一緒におくすり手帳を提出するときに、気が付いて飲み合わせの悪いお薬を処方しないように防止することだって、できるはずです。

関連情報サイト

  • 人気キャラクターがお薬手帳の携帯率UPのお手伝いをいたします・・・お薬手帳・カバー
サブコンテンツ

このページの先頭へ